ワイン会のスタッフマニュアル(屋内開催編)

ワイン会のスタッフマニュアル(屋内開催編)を作成したので、スタッフの方に参考にして頂きたいと思います。現場では運営者からの指示が出るので、覚える必要はありません。

(2019/1/10更新)

 

スタッフの作業は大きく分けて受付時とパーティー中に分類されます。

 

ワイン会 受付開始前

運営者の指示で
・グラスのシール貼り
・レイアウトのサポート
・ワインを冷やすサポート

受付開始~乾杯

・受付
参加者の方の名前を聞いてお金をもらう。リストにチェックを付ける。ワインリストを渡す。
・エスコート
受付が終わった方に、荷物置き場〜グラス置き場までの案内を行う。
・グラス係
グラスに名前を書いてもらう。原則男性は名字、女性は名前。その際に、スタッフがグラスをお客さんの前に置いて、書いて貰いやすいようにする。マジックの蓋も取って渡す。
・ウェルカムサーブ
グラスを受け取った型に、ウェルカムサーブをする。ウェルカム用のワインクーラーは、通常のワインブースとは別で、グラスを受け取った方に、すぐにサーブ出来るように導線を作る。

 

乾杯前後

開始3分前に、ウェルカムサーブのワインクーラーを、通常のワインブースに移す。乾杯後はワインブースに人が殺到するので、最低でも2人体制。プラス運営者が横でサポートが理想。ブースに3人入ると、逆に効率が落ちる。

 

ワインサーブ

ワインサーブは、ワインに番号が書いてあるので、お客さんに言われた番号をサーブする。原則は1回のサーブで70ml。お客さんから多く注いで、少なく注いで等の要望があればその通りにサーブする。

 

ワインブースのワインは、1番〜順番に並べてる、スタッフが把握しやすいようにする。
ワインサーブの前に列を作らないように、スタッフは「後ろの方どうぞ」「決まった方からどうぞ」のように積極的に声を掛け、どんどんサーブするようにする。

 

パーティー中

受付は乾杯後30分位は所定の位置にいる。運営者の指示で受付を畳む。受付をたたむ時は、リストを写真で撮ってLINEで佐藤に送る。(佐藤が現場にいないときは、WineLifeのLINEと、運営者のLINEに送る)

グラス係は乾杯後は不要。受付係がグラスを兼任する。
エスコートは状況を見て判断。エスコート兼グラス係としても良い。
40名程度のパーティーであれば、サーブは一人で賄える。運営者がコルク抜きなどのサポートをする。

パーティー終了間際

パーティー終了30分前位から、運営者がワインの開ける開けないの調整をする。スタッフはワインをサーブする量をやや少なめにする(多く注いでも飲みきれない)

 

テーブル上で使ってない皿は、なるべく片付ける。

 

ワイン会終了後

グラスを1か所に集める。グラスに残ったワインはアイスペル等に捨てる。集めたグラスのシールをはがす。

 

運営者の指示で解散。ワインを持ち帰る人は持ち帰る。